2007年09月16日

久々の更新&牧場へ

皆様どうも久しぶりです。一ヶ月ぶりの更新となってしまいました。

三連休初日の昨日は、19時から予定があるにも関わらずサイクリングにいってきました。目的地は埼玉県上尾市の榎本牧場。片道約40キロなので、昼すぎに出発しても夕方までには十分帰ってこれる、ということで突然思い立って出発したわけです。

まずは家の前で愛車を記念撮影。


家から荒川までは10分ちょい。そこから意気揚揚と自転車を漕ぎ、荒川の左岸をひた走る。出発から40分ちょいで秋が瀬公園に到着。ここで一旦自転車を降り、小休止。


家の最寄の橋からここまで約20キロ。ちょうど半分だ。ここまで平均30km/hを越えていたので、ここから先は少しペースを落としていくことにする。


少し進むと、サイクリングコース上に「通行禁止」の看板が立っている。土手から下を見下ろすと、なにやら公園が建設中のようだ。とりあえず看板を無視してどんどん進む。河川敷には牛がいたりして、のどかだ。しかし自分の求める牛とは違うので、やっぱり先に進む。

とうとう榎本牧場へ到着。早速、牧場といえばお約束のアイスを購入。そして「ウシ子さんありがとう」といいながら記念撮影。ついでに色んな動物の写真も撮ってみる。





そして帰り。休憩をとって回復したので足取りが軽い‥と思いきや、物凄い向かい風のせいで前に進めない!荒川名物の強力な向かい風だ。行きよりも思い切り漕いでるのに、メーターの表示は10~5km/h程度。

途中、近道しようとして入った道が先日の台風で壊されて通れなかったり、何度も休憩を入れたせいでボトルの水が底をついたりと災難に見舞われる。が、19時に下北沢に行かなくてはならないため、気力を振り絞ってなんとかゴール。17時45分。

シャワーを浴びてすぐに下北沢に向かったのだが、自転車でこんなに疲れたのは初めてかもしれない。

ё
posted by ё ddie at 11:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車

2007年08月10日

海と川の道

昨日は午後から所用あって外出。せっかくなので自転車で行くことにした。

王子 → 早稲田 → 有明 → 葛西臨海公園 → 葛西 → 葛西臨海公園 → 荒川 → 王子

‥というルートで60kmちょい。途中まで所用、途中から趣味(笑)。まともに書くと長文になりそうなので、箇条書きでまとめます。

★先日購入したツールボトルが初めて役に立った。重要書類ではあるが、丸めれば折り目もつかないし、ツールボトルの中に直接イン。で、自転車のボトルケージにスポッと入れて運ぶという、もう絵に描いたような役立ち具合。ステキ☆

★葛西臨海公園(というか新木場)付近の道路は猛スピードのトラックが多くて危険。排気ガス多し。しかし歩道も路面状態悪し。大きな段差を越えたときの衝撃でテールランプが吹き飛ぶ。危ない。

★葛西駅近くのマクドナルドでアイスコーヒーを注文すると、機械が故障していて作れないとのこと。真夏なのにホットコーヒーを勧められる。仕方がないので、「ホットコーヒーに氷を沢山入れてアイスコーヒーにしてください。」と無茶な注文をしたところ、アイスコーヒーが出てきた。やればできるじゃん。

★夜の荒川・下流域は真っ暗闇。電池式では最も明るいといわれるCAT-EYE EL520というライトを点けているものの、照らされた路面以外は本当に暗闇(視界5m〜7m)。「たいまつ」で明かりを照らす、ドラクエ1のダンジョンみたいだ。

★最下流域では、屋形船のような船から陸地に向かって太いケーブルが伸びている。充電でもしてるんだろうか。見た目だけでいえば、何かの装置と線で繋がれたエヴァンゲリオンみたいでカッコイイのだが、暗闇で段差は危険。

★最後の荒川では全力疾走できると思っていたのに、暗くて危険なので結局25km程度の安全運転。ボトルに続いて、ライトもダブルにしようかと考え中‥。

ё
posted by ё ddie at 10:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2007年08月08日

スペシャルドリンク

ここのところ、自転車用にスペシャルドリンクを作ってます。

最近で一番美味かったのはこのレシピ。クエン酸と糖分と水分が一気に補給できる、運動する人向けドリンクです。

【材料】
・レモン果汁(焼酎用のやつ。ビン入り。)
・ブルーベリー黒酢(スーパーで売ってる500円くらいのやつでOK)
・砂糖(白砂糖よりきび砂糖や三温糖がお勧め。コクが出ます。)

【作り方】
1.それぞれを適量ずつボトルに入れる
2.水で割って完成

レモンは全体の5%ぐらいかな?ブルーベリー黒酢はレモンの半分程度。で、この原液は酸味が非常に強いので砂糖は多めに。でも全体的に濃く作ってしまうと喉の渇きが癒えないので、この辺の加減はお好みで調節してください。

これなら1リットル作っても、全体で30円ぐらいかな?もう少し安いかも。

肝心の味はというと、甘酸っぱくてすっげー美味いです。市販のアセロラジュース風?いや、化学的な甘味料が入ってないんで、もっと美味いと思う。後味すっきり。

焼酎を割る用にしても美味。お試しあれ。

ё
posted by ё ddie at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2007年08月02日

多摩湖自転車道

友人と行ってきました。多摩湖にリベンジ達成です。

まずは別の友人の入院が延長になったとのことで、武蔵関(西武線)へ再訪。昼飯時にお邪魔し、近所のガストで食事を共にする。まぁ、怪我の治りも良好なようで一安心。腹ごしらえを済ませ、早速、多摩湖自転車道に向かう。

多摩湖自転車道は中央線の武蔵境付近、井の頭通りと五日市街道の交差点が始点になっている。文字通り多摩湖まで真っ直ぐ伸びている道路だ(地図で見ても本当に直線)。

自転車道に入って少し進むと、道の傍らに畑が見えてくる。所々に野菜の直売所があって、のどかで良い場所だ。車は当然いないし、適度に木陰もある。割と頻繁に車止めの柵があることを除けば、素晴らしい道路だ。

そうこうしているうちに、あっけなく多摩湖へ到着。

見晴らし台で一休みしていると、地元のおっちゃんから梅雨が明けたことを知らされる。どうりでカラッと暑いわけだ。持ってきた750ccのボトルも、ここら辺で底をつく。

自転車道は、もちろん多摩湖をぐるっと周回している。途中、雑木林や見晴らしの良い場所などがあってなかなか楽しい。ヒグラシの鳴き声も聞こえるし、色んな昆虫や野鳥がいる。都心から自転車で簡単に来れる距離に、こんな良い場所があったんだねぇ‥。

という感じで、今回のおさらい。

・飲み物は750ccじゃ全然足りない。次からはボトル2本で。
・サドルバッグは大容量の方がいい。買いなおそう。
・多摩湖畔は現時点でコンビニ無し。8月10日にサンクス開店。
・うちから高円寺まで、環七を通ると40分。意外と近い。
・総走行距離98km。惜しい‥。

ё
posted by ё ddie at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車

2007年07月23日

ステム交換

今回はちょっと自転車の専門的な話。

通常、自転車を買って最初に改造したくなる場所といえば、
「お尻が痛い → サドル交換」
「楽に走りたい → タイヤ交換」
「安全に乗りたい → ブレーキのグレードUP」
‥あたりが一般的。俺もタイヤはいずれ交換したいと思っているけど、まずはステム(フロントフォークとハンドルを繋ぐ部分)から交換することにした。

何故ステムから?というと、理由は至って主観的なもの。

「なんとなくハンドルが前すぎてイヤだから」

なんか、乗ってて重心が前に移動したとき(特に立ちこぎのとき)に、「このまま前に倒れるんじゃないか」という思いが頭を毎回よぎる。まぁ、ツール・ド・フランスとかプロのレースを見てると、皆すごい前のめりだし、実際そんなことは有り得ないんだろう。でもこのまま乗り続けるのも精神衛生上よくないな、ということでステムを少し短いものに交換しようと至ったわけです。

最初ついてたのが105mm。新しく買ったのが70mm。35mmも違うので、今までより随分重心が後ろに移動した気がする。一安心。

‥と思いきや、新たな問題が発生。ステムの高さ(上下の幅)が大きくなったので、フロントフォークよりもステムが上に飛び出してしまう。これはこれで危険だと思うので、コラムスペーサーというものを薄いものに交換しなきゃいけない。自転車の改造って色々面倒なのね‥。

ё
posted by ё ddie at 12:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車

2007年07月06日

ズボン


自転車に乗っていると、まずダメになるのがズボンだ。


今まで「ジーパンのお尻が破けるのは自転車乗りの宿命」と思って諦めていたのだが、ネットの書き込みで「化学繊維で擦れに強いものがある」との情報をゲット。そこで‥、


「自転車専用ズボン(お尻のとこにパッドが入ってるやつ)なら、自転車に最適化された素材で出来ているはず。それなら、それと同じ素材で出来た普通のズボンを買えば、お尻の破けを回避できるのでは?」


と閃き、早速、自転車ズボンの素材について調べてみた。


すると大体のものが綿、ナイロン、ポリエステルのどれかであることが判明(新素材系を除く)。なるほど。ナイロンは魚網にも使われるし、確かに頑丈そうだ。


しかし検索すればするほど、ナイロンでカジュアルなズボンというものが無いことを知る。仕方ないので、ユニクロで安売りされていたポリエステルの短パン(ドライなんとかっていうやつ)を購入。一応化学繊維だし、綿と比べてどうかっていう比較にはなるよね。


これから自転車に乗るときはこのズボンを着用してみます。さぁ、ズボンの寿命やいかに?


ё


posted by ё ddie at 16:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車

2007年06月18日

大戦隊ゴーグルV


自転車を買って半月。そろそろ、いろいろと備品が必要になってきた。まず差し当たって必要なものは、ゴーグル(サングラス?)だ。


現在、思いのほか厄介な問題になっているのが、目に虫が飛び込んでくること。


時速40kmくらいで走っていると、目に小バエが激突しただけでもかなり痛い。どのくらい痛いかというと、全く予想してなかったところで静電気がバチッとなった瞬間ぐらいの痛さ。とにかく不意打ちなので、かなり痛いような気がする。


しかもそれに追い討ちをかけるように、高速巡航中は風で目が乾燥してしまう。そのため涙で虫を洗い流そうとしても、涙がほとんど出ないのだ。おかげで痛みが持続してしまう。


ついでに紫外線や眩しさからも目をガードできたら一石二鳥なので、ゴーグルが必要になるというわけです。


で、ここで問題になるのが、自分自身の「メガネ苦手問題」。


視力の関係で、今までメガネをかけたことがほとんどない。スキーのゴーグルや水泳用の水中メガネも苦手で、止まる度に取り外してかけ直したりする。やはり慣れが必要なのかな?


しかしゴーグル、ゴーグルと書いているせいで、大戦隊ゴーグルVの主題歌が頭から離れません。イメージ的にはムテキングなんだけどなぁ。


ё


posted by ё ddie at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2007年06月16日

瑞穂町へ


f:id:eddie_nitro:20070616104744j:image


写真は日記の内容と全く関係ない、我が家で栽培中の大根と人参。


f:id:eddie_nitro:20070616104803j:image


金曜日のこと。


友人が骨折で入院との報を聞き、西武新宿線の武蔵関(吉祥寺の近く)まで、自転車でお見舞いに行くことにした。


18時ちょっと過ぎに職場(水道橋)を出発。一箇所寄り道をして、19時半頃、武蔵関の病院に到着。面会時間の20時をちょっと過ぎるまで話をし、病院を出たとき、自らの冒険心に火がついた。


「せっかくここまで来たんだし、多摩湖までいってみよう。」


とりあえず、再び青梅街道を進むことにした。田無や花小金井など、知ってる地名が続く。駅名で現在位置を確認しつつ進んでいると、突然知らない駅名が視界に飛び込んできた。


その名も武蔵大和。なんだその戦艦みたいな名前は!


後で知ったのだが、武蔵大和から多摩湖まではもう目と鼻の先だったのだ。しかし西武多摩湖線という、今まで乗ったこともない電車の駅を知る由もなく、無視して先へ進んでしまう。目指せ多摩湖!


エッチラオッチラとペダルを踏み、とうとう知らない土地へやってくる。武蔵村山市役所、瑞穂町役場と、なんだか不穏な空気を感じる。そして八高線の踏み切りを渡り、箱根ヶ崎へ。


もう絶対おかしい!通り過ぎてる!!と思ったところで、家の近所にもあるホームセンター「オリンピック」の看板が見えてきた。ひとまず店内に入り、食料を調達し、オープンテラス型の休憩所で休みつつ食事をとる。


ここでふと我に返る。もう22時を過ぎているし、ここから先は山道になるかもしれない(実際にそういう雰囲気だった・笑)。ということで、無念だが引き返すことを決断する。帰路はほとんど下り坂で楽チンだ。結局、24時ちょうど頃に帰宅。


結局、往復6時間かけて行った場所は「オリンピック瑞穂店」でした(笑)。総走行距離100キロちょい。


ё


posted by ё ddie at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2007年06月14日

コスプレ風


前回の日記であれだけ「ゴーグルが必要!」と騒いでいたにも関わらず、新宿の自転車店で見かけたTREKのグローブがステキだったので、思わず購入。


f:id:eddie_nitro:20070614222118j:image


手の甲側がスケスケ(網状)になっていて、風が通り抜けて涼しそう!とても快適なのでは?!‥という理由で選んだのだが、いざ使用してみると、そこまで風は通り抜けない。まぁ、密閉されているよりはマシかな?という程度。うーん‥。


さらに特徴としては、指のところが剥き出しにになっているタイプなので、指先だけが日焼けする。買ったばかりなのでまだ大丈夫なものの、日に焼けるとかなり恥ずかしい状態になりそう。うーん‥。


しかも、「NIKEのスニーカーは他のメーカーのより少し小さい」という高校のときの記憶があったため、「同じメーカーだしきっと小さいに違いない!」と思い込み、サイズLを購入。すると予想通り(?)、自分の手より大きいというオチ‥。体重をかけたときに若干ズレるので、やはり自転車は何でもピチピチが良いのだなぁ、と実感させられる。うーん‥。


おまけに、これを付けて自転車で実家に行ったら、「コスプレみたいだ」とか言われる始末。‥うーん、確かに。


31歳、コスプレ風の格好をする男。


うーん‥。


ё


posted by ё ddie at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2007年05月21日

ついに納車!!


日曜日、待ちに待った自転車がやってきた!


ルイガノというカナダの自転車メーカーの、LGS-CCTというモデルだ。ドロップハンドルでカッチョイイ!クール!ワンダホー!!


f:id:eddie_nitro:20070521230300j:image


で、早速乗ってみた感想。


まず、「サドルが高い!」「ハンドルが遠い!!」というのが第一印象。


とりあえずサドルは思い切り低く設定。ハンドルは仕方ないので、我慢(慣れてきたら遠いハンドルでも大丈夫だった) 。


で、次の印象が「シティサイクルとは全然違う乗り物だ」というもの。


具体的にどこが違うかというと、ボディが軽い&回転がスムーズなので、こいだらこいだだけ進む。当たり前っちゃ当たり前なんだけど、これが全然違う。あとやっぱりスピードも全然違う。今まで「ちょっと遠い」と思っていた場所が「割と近所」になる。


しかし、重大な問題もある。首と肘が痛くなるのだ。


物凄い前傾姿勢になるために、首は常に上向きになる。そもそも人間の背骨は二本足で立つことを前提として出来ているので、四足歩行の動物のような姿勢で頭を支えるのは不自然なのだ。この辺、ロードレーサー乗りの人はどうやって対処しているんだろう‥?


そして二つ目の、肘が痛くなる件。これもやはり前傾姿勢になることで、体重を5点(両足、お尻、両腕)で支えるようになり、普段使い慣れない両腕の関節が痛くなるというもの(今までの自転車では両足とお尻の3点)。でもこれは姿勢の改善で克服できそうな気がするので、ちょっと乗り方を考えてみようと思う。


日曜、月曜ともに約20キロのサイクリング。徐々に慣れてきた。


ё


posted by ё ddie at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
←クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。