2008年05月19日

佐渡に向けて【感想編】

日本全国のロッケンロール野郎ども、こんばんは。
ご機嫌いかがでしょうか。

走ってきました。佐渡島。
米がめちゃめちゃ美味かった。佐渡島。

日差しが強かった。
ものすごく海が綺麗だった。
沖縄みたいだった。いや、それ以上かも。

210km、ちょうど10時間で完走しました。
朝の5時45分に出発して、100km地点に到着したのが9時半。
ゴールの210kmに到着したのが15時45分。

大自然あり、古い町並みあり、田んぼも都会(?)もある。
坂も平地も海も山もあって参加者を全く飽きさせない、素晴らしいコースでした。

沿道で島民の皆様が手を振ってくれたり、応援してくれたりするのにも感動。
なんかね、種目は違えど瀬古や宋兄弟になった気分でしたよ。

すっごい楽しかったイベントではあったものの、移動がつらかった。
あのクソ重い物体を肩に担いで長距離歩くのは、ちょっと厳しい。佐渡汽船の建物内を移動するのが(精神的に)一番きつかったかもしれない。あと上野駅の構内とかも。

何か思い出したら、また書きます。
ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 23:25 | Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車

2008年05月15日

佐渡に向けて【最終章】

とうとう、佐渡ロングライド本番が迫ってきた。今度の日曜だ。

天気は今のところ順調。

今回が最終章ということで、佐渡ロングライドがどんなイベントなのか説明しておこうと思う。

http://www.sado-longride.com/

まぁ、↑を見てくれれば分かるんだけど、要は「自転車で新潟県の佐渡島を一周しよう」というイベントだ。

おそらく普段は人なんて歩いちゃいないような道路を、2000人の自転車乗りが疾走する。もちろん、北朝鮮の工作員に拉致られないように気をつけながらだ。

金曜日の夜に上野駅を出発する夜行列車に自転車ごと乗り込み、一路新潟駅を目指す。なんとその夜行電車は、自転車用の席が用意してある特別列車!!ということで、鉄分多めの人には垂涎モノなんじゃないだろうか。

佐渡島というのは基本的に山なので、海岸沿いの道を一周するといっても、所々が山になっている。金山すなわち金の山だ。さらに島なのでもちろん海風が酷いはずだ。もちろんあのジェンキンスさんもいる!!そんな道を210キロひた走るというイベントなのです。

どう?楽しそうでしょ!?

明日は仕事が終わったら家に自転車を取りに寄り、すぐ上野駅に直行。月曜まで帰ってこないので、イベントの顛末は来週になります。みなさまどうぞお楽しみに!!

ヨロシク!!!!

ё
posted by ё ddie at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2008年05月13日

佐渡に向けて【その7】

全国のロッケンローラーの皆様、コンバンワ。
佐渡ロングライドの本番も、いよいよ今週末に迫りました。

今回はそれに向けて、ハンドル回りをロングライド仕様に小細工してみました。微妙に剥がれかけたというか、一部寄ってしまって金属部分がむき出し状態になったバーテープを修復してみようという計画です。
080513_a.jpg
最初の状態はこんな感じ。写真では分かりにくいけど、一部金属部分がむき出しになっております。で、このハンドルとバーテープの間にゲル入りパッドを入れて、手への衝撃を和らげてしまえばもうロングライドも完璧でしょう。

まずはハンドルからバーテープを剥がしていきます。グルグル回しつつ、STIレバーのとこはこんな風になってるのかなんて関心しつつ、最後まで。

ここでゲル入りパッドです。コイツを金属のハンドルに直で貼り付け。
080513_b.jpg
その上から新しいバーテープをグルグルと巻いて貼り付けていくんだけど、これがまた難しいのなんのって。3回挑戦して、ようやくなんとかそれっぽい形に仕上がった…けどやっぱり浮いてる場所があったりして、次からはもう少し伸びる素材のものを買おうと後悔する。

んで、出来上がりはこんな感じです。
080513_c.jpg
超カッコイイ!我ながら惚れ惚れ。
握ると巻きの下手さがバレるんで、握らなければ最高のハンドルっす。

ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 00:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車

2008年04月27日

佐渡に向けて【その6】

全国のロック野郎の皆様、コンバンワ。
エンドウタケルと無鉄砲隊の者です。

先週は雨でロングライドの練習を休んだのですが、これからゴールデンウイークということで再開していきたいと思っております。

前回は高尾山の南側、大垂水峠に行ってきたのですが、今回は北側の陣馬山。自転車乗りの間で有名な「和田峠」に行ってまいりました。前回の大垂水峠が標高392メートル、今回の和田峠は標高691メートルなので、単純に2倍近い標高差に挑戦してみたのでした。

家を8時20分頃に出て、8時50分に初台のオペラシティを通過。前回は甲州街道の渋滞に巻き込まれたので、今度は上北沢で北上。東八道路に入るルートで日野駅まで渋滞とは無縁の道のり。

陣場街道をひた走り、ようやく陣場高原下に到着。この辺りから勾配がきつくなってくる。いわゆる「峠道」だ。

ギアが1段、また1段と落ちていく。俺の自転車は入門用モデルのおかげでフロントギアが3枚あり、なんとかペダルを漕いでいられる。
(高級車になると無駄を省く意味でフロントは2枚しか付けないのが普通で、軽いギアが少ないが、うちのは入門用なので軽いギアが付いてて坂道も楽チン)

登れど登れど峠には辿り着かず、ギアも一番軽いものでなんとか足を着かずに漕いでいる状態が続く。呼吸が犬並みのスピードに達して、ふくらはぎが攣りそうになったとき、目前に満開の桜が見えた。

「ああ、あそこが天国に違いない」

そう思ってペダルを漕ぎ、なんとか天国…ではなく峠に到着。そして記念撮影。フロントトリプルに助けられた登坂でした。
080427
峠は非常に寒く、雨も降ってきたので早々に下山する。雨と汗で濡れた体が寒風にさらされて非常に寒い。元々自転車用ジャージは風通しが良く出来ているので、半端ない寒さが体を包み込む。

麓まで一気に下山し、その勢いで調布・新宿方面へ甲州街道をひた走る。家に着いて速攻で暖かいシャワーを浴びたのでした。

総走行距離143km、乗車時間は6時間44分。

そしてホイールのリムがゆがんでいることに気づく…。

ё
posted by ё ddie at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2008年04月14日

佐渡に向けて【その5】

全国のロッケンロール症候群の皆様、コンバンワ。
エンドウタケルと無鉄砲隊です。

しばらく「佐渡に向けて」シリーズはお休みしておりましたが、その間は特に自転車に乗っていなかった…わけではなく、特筆すべきことがなかったのです。で、お休みしてたのですが、こないだの土曜日に峠越えを果たしてきたので、ちょっと書いておきます。

朝、起きると久々に良い天気。これは乗るしかない!と、いわんばかりの天気。実はその前日、タイヤをパナソニックのPanaracer Valiant Evo2というレース志向のものに交換していたので、その試走も兼ねて相模湖まで行くことにしたのです。

朝イチで家を出て、30分後に笹塚近辺を通過。ここまでは順調だったのに、すぐ渋滞につかまる。ゆるゆると進んでいき、昼頃、八王子に到着。そこで昼食をとる。

080414_d

高尾山口の駅付近からは、ようやく坂道らしくなってくる。この辺から頂上の大垂水峠(おおたるみとうげ)までが、楽しい楽しい坂道なのだ。

最初はスイスイと進んで行くのだが、一段、また一段と徐々にギアが落ちていく。いつの間にかフロントもインナーになり、リア2〜3枚でなんとか進んでいく。途中、ハリウッド映画に出てくるような大型トレーラーが数台、頬をかすめて抜いていく。もちろん排気ガスのオマケ付きだ。
080414_c
そんなこんなで大垂水峠に着く。峠は特に何もなく、単に道路の途中に看板があるだけだった。
080414_a
峠から反対側へ坂を下り、降りきったところが相模湖。まぁ、相模湖もそんなに楽しい場所ではないのですぐ引き返すことにした。たぶん、自転車に乗っていなかったら一生行かない場所なんだろうなぁ…と思いながら、来た道を引き返す。
080414_b

帰りも立川あたりから排気ガスにまみれて、ようやくの帰宅。

所要時間6時間40分、総走行距離145km。大垂水峠は確かにきつい坂道ではあるものの、荒川の強烈な向かい風と比べたら、やっぱり風の方が嫌だなぁ。

ё
posted by ё ddie at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2008年03月03日

カロリーについて

自転車関係のことを調べていたところ、
興味深いサイトを発見。

http://yuustar.at.webry.info/200702/article_12.html

およその消費カロリーが計算できるというので、
試しにちょっとやってみました。

こないだのサイクリングでは、平均時速23.3km/h。
ということは、この表での運動強度は10.0。
自分の体重が64kgで、運動時間は6.5時間…。

ということは、
10×64×6.5×1.05=4368

さらに非運動時間の消費分を含めると、昨日1日で
おそらく6000kcal程度消費してしまったことになる。

なので、失った分を取り戻すためには、ココを参考に
http://www.miyabi.com/diet/doc/cal_09.html

・とんかつ弁当
・から揚げ弁当
・ハンバーグ弁当
・ハヤシライス
・牛丼
・うな重
・チャーハン
・エビピラフ
・いなり寿司

で、合計6008kcal。
しかし1日で食べるとなると、組み合わせを考えるのが難しいメニューだな…。
米食ばっかだし(笑)。

ё
posted by ё ddie at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2008年03月02日

佐渡に向けて【その4】

全国のロック・マニアの皆様、こんばんは。

本日は男3人でサイクリングに行ってまいりました。

水道橋→葛西臨海公園→秋が瀬橋→葛西臨海公園というコースで、サイクリング自体の走行距離は100キロぐらい。お開きになった後、さらに一人で走り足してきて、最終的な総走行距離は152キロ。所要時間は6時間半で、平均速度は23.3km/h。

ちなみに100キロ到達時間は4時間18分と、またしても目標の4時間を切れず。今回は人と一緒だったため、それほどペースは気にしていませんでした。でも一応、記録として残しておきます。

今日学んだことは、補給の重要性。

今回は補給をしっかり摂りつつ走った結果、走行距離が150キロまで伸びた。もうちょっと戦略的にエネルギー充填を行っていけば、もっと距離は伸びそうだ。そうすれば、(平地だけなら)210キロも夢ではなさそうな気がする。

しかし佐渡には山が…。

ё
posted by ё ddie at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2008年02月29日

佐渡に向けて【その3】

佐渡に向けて【その3】

日本全国津々浦々のロッケンロール野郎の皆様、コンバンワ。

佐渡ロングライドに向けて、必要な道具類は揃いつつある中、一番重要なものが足りないことに気づきました。それは経験値です。

自転車大好きとはいっても、ロングライドは未知の領域。佐渡では山有り海風ありのコースを210kmも走らなきゃならないのです(時間制限あり)。そのため低燃費での走り方や、補給の仕方などを体に覚えこませないと完走は難しいらしい・・・。

というわけで、今回からは少しずつ距離を伸ばしていこうという目標で臨みます。

まず目標その1は距離。前回、約100kmを走ったので今回は120kmを走ること。そして目標その2として、前回の“104km、4時間38分”というタイムを縮め、100kmを4時間以内で走ること。

080229_A

昼の1時半頃、家を出発。荒川河川敷に着くや否や、強烈な北風の歓迎を受ける。そのため往路はスピードが全然上がらない。復路が楽になることを期待しつつ、15km/h〜20km/hくらいで進んでいく。

080229_B

途中でビンディングの位置を調節したり、サドルの高さを直しつつ、目標地点である桜堤通りの駐車場に到達。そこで椅子に座って補給食のサンドイッチを食べる。ここまでの走行距離は約50km。まだ半分も走っていない。

080229_C

休憩を短く切り上げて、来た道をひたすら戻る。帰り道は追い風を受けながら走るので楽チンだ。いつもの荒川の入り口、江北橋まで一気に戻る。その1つ先の橋まで走って、サイコンの表示がちょうど100kmになった。所要時間4時間17分。残念!!

荒川をそのまま走り、110km地点で再び折り返し。またもや強烈な北風の歓迎を受けながら帰宅。総走行距離123km、所要時間5時間16分。平均速度23.4km/h。ちなみに最高速は、強烈な追い風と土手の傾斜を利用しての52.9km/hでした。

最初の練習ってことで、こんなもんかね。
ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 13:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2008年02月25日

佐渡に向けて【その2】

全国のロッケンロォォォオ!!!な皆様、コンバンワ。

佐渡ロングライドに向けて、ビンディングシューズとペダルを揃えることにしました。

とはいうものの、今は無職ニートという身分。なので、身分相応のモノということで予算は1万円台に設定。自分の足が幅広なため、そんな足型のシューズを‥というと選択肢は1種類しかなく、自動的にシューズが決まってしまいました。それがコイツです。
PICT0020.JPG
黒で無骨だけど、自転車もジャージも白黒で揃えてるし、まぁいいか。という感じ。SIDIというメーカーのZETA(ゼータ)というモデル。素晴らしいネーミングですね。正しくは、幅広用のMEGAがついてZETA MEGAなんだけど、ゼータの方が変形しそうで格好いい。
PICT0022.JPG
で、コイツを使って乗ってきました。自宅から、荒川サイクリングロードを通って埼玉県・北本駅の近くまでを往復。総距離は104キロで、所要時間は4時間半。平均速度22.5キロ。
PICT0017.JPG
結論からいうと、ビンディングにして大正解。さすがに100キロ越えをすると、普段なら疲れで体中がダルい感じになるのに、今回は全くナシ。まだまだ行けそうな感じ。

まぁ、途中で補給食が尽きて、空腹で走れなくなったんだけど。俗に言うハンガーノック(エネルギーが切れて低血糖状態になり、頭がボーっとして手足に力が入らない状態)に陥って、危うく荒川の土手から転げ落ちるところでした。

でもまぁ、ガソリン(食べ物)さえあれば、まだまだ行けそうな感じ。すごいぞビンディングシューズ。次からはポケットにバナナを仕込んでおかなきゃね。

ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2008年02月19日

佐渡ロングライドに向けて【その1】

佐渡ロングライドに向けて、シクロクロスをロードレーサーに改造しよう!と思い立ち、あれこれいじってみることにした。

まず真っ先に変更したい場所はタイヤだった。

うちの自転車はシクロクロスなので、35Cという幅35ミリ(ママチャリ並み)の太いタイヤを履いている。路面からの抵抗を少なくして、長距離を走るためにはタイヤ交換がベストだと考えた。まずは、こいつを標準的なロードレーサーの23C(幅23ミリ)に履き替えたい。

しかしどうやら自転車屋に確認したところ、今のホイールでは28C(幅28ミリ)が限界らしい。そこで、ホイールの交換から始めることになった。

グレードの高いものと散々迷った挙げ句、結局リアル店舗で安売りしていた中堅クラス(シマノのWH-561)を購入。型落ちのため投売りされてはいたけど、スピードを求めないなら性能は必要十分。

その後、さっそく練習用にコンチネンタルの安いタイヤと、ミシュランのチューブを購入。さらに、忘れそうになりつつもシマノのリムテープを購入。

そして組みあがったのが、コイツです。荒川河川敷にて撮影。
080217_1.JPG

080217_2.JPG

無職期間のうちに出来るだけ練習しておこう♪転職と練習のバランスが大切だ。


ё
posted by ё ddie at 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車
←クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。