2009年06月08日

クロアカ号

今日は変則的な時間帯の勤務のため、まだ家にいる(現在午前11時半)。

朝から暇だったので、自転車のタイヤを替えることにした。元々のMAXXISデトネイターがダメになったわけではないんだけど、模様替えのために。

ホイールは使ってなかったシマノのWH-561を使用。「この自転車は黒×赤でいこう」と決めていたので、タイヤはパナレーサーのクローザー(赤)を使用した。チューブはミシュランの一番安くて分厚いやつを使用。通勤用途には安心・安全が第一だ。

装着するとき、随分薄っぺらいタイヤだなぁ…と不安になったが、薄いぶん嵌めやすかった。難なく前後とも換装し、こんな感じになりました。

20090609_a.JPG

あとはサドルとペダルが赤くなったら上出来かな。やりすぎはダサいし、バランスが重要だね。

しかしながら、今日はこれから雨の予報。自転車通勤できないのが残念でならない…。

ё
posted by ё ddie at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年06月07日

峠2本!大垂水&和田

日曜日に晴れるのは久し振り。もう自転車乗るしかないでしょ!

ということで、自転車の先輩A氏と乗ってきました。行き先は大垂水峠&和田峠のダブルコンボ。

自宅を朝8時に出発、朝8時半に待ち合わせ場所に到着し、缶コーヒー(250cc)を飲んでいるとA氏がやってきた。A氏のホイールがMAVICコスミックカーボンSLRに変わっていることに気づく。超かっこええ。ついでにコンポ一式79デュラになってた。

途中、日野の駅を越えてすぐの坂で息が切れる。というか、それ以前にもちょくちょく息が切れる場面があった。自分の体力がまだ完全に戻っていないことを思い知った。

いつもの八王子のコンビニでジュース(500cc)と補給食を購入。暑かったせいで、ドリンク(750cc)のほとんどを家→八王子で飲んでしまっていたので、一安心だ。

高尾山口の駅を越え、大垂水峠に入った。

この峠はスムーズに越えて…と思ったが、頂上の直前で足が厳しくなる。ギアを最後まで使い果たし、何とかゴール。どうやら、道中での無理が祟って足が売り切れたらしい。複数人で走るときの「マイペースを保てない」ダメージが割と大きかったようだ。

大垂水峠を反対側に下り、相模湖を越えて藤野の交差点で休憩を入れる。国道沿いの交差点といっても何もない。唯一の商店らしき家はシャッターが下りているし、銀行…ではなくJAもしまってる。日曜だし当たり前か。休んでたら、なるしまジャージの大軍団がやってきて、通り過ぎていった。我々と逆のコースでの走行会のようだ。

自販機で500ccのペットボトルを購入し、和田峠に向かった。

和田峠→藤野は、以前河口湖に行ったときに走ったことがあるので、藤野→和田峠の勾配は何となく分かっていた。八王子方面からの和田峠よりは緩いが、結構な坂が延々と続くのだ。

和田峠の峠道に入る直前には休憩所があった。ここまでは余裕の勾配だったが、この先がきついのだ。すぐにギアは一番軽い段に移動してしまい、ヒイコラいいながら登っていく。心拍数は時折190を越える。明らかに適正範囲オーバーだ。

頂上まであと一歩のところ、12%の標識を過ぎたところで、不覚にもギブアップしてしまった。足をついたのだ。実はそのちょっと前から心拍数190を維持し続けていたのだが、突然頭痛がやってきたので、これはヤバイと思って自転車を止めた。

自転車をガードレールに立てかけ、水分を補給し、日陰の路肩で体育座りをした。

どのくらい経っただろうか。A氏が、やはりヒイコラいいながら登ってきて、俺を抜いていった。その数分後、頭痛が治まってきたので、自転車を再び漕ぎ始めた。頂上はすぐだった。

頂上で500ccのコーラを買い、体に休息と糖分を与えた。

ひとしきり休んだ後、八王子方面に下りた。山を下りる自転車は素晴らしい。最強だ。この世にこんな乗り物があるのかと思うぐらい素敵な時間だ。位置エネルギーを速度に変えて、ぐんぐん進む。やがて初台のオペラシティに到着。初台ドアーズの並びのコンビニで500ccのジュースを購入し、打ち上げた。

家に帰るや否や、リュックを取り、駒込の商店街に向かった。月曜からの食材がなかったことを思い出したのだ。霜降商店街の八百屋で購入した半切りのメロン(100円)を、今日頑張った自分へのご褒美にした。

20090607_a.JPG

今からコイツを一人で全部いただきます。子供じゃこうはいかない。大人ってステキ☆

本日の総走行距離144km、平均速度23.6km/h、平均ケイデンス82、平均心拍数151、乗車時間6時間5分、消費カロリー4250kcal、とった水分3000cc。ひたすら疲れた。やはりまだ峠2本は厳しいか。

ё
posted by ё ddie at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年06月06日

ニューバイク完成!

TNi 7005mk-2ベースの自転車がようやく完成しました!!

20090606_a.JPG

フレームが黒一色なので、これから他のパーツの色で自転車の個性を出していきたい。まずは黒×赤の自転車を目指そうと思う。この自転車は完全に町乗り用なので、速さではなくルックス重視のパーツ選びで行く予定。バーテープはOGKのザラザラしてるやつにしました。

20090606_b.JPG

サドルとシートポストはルイガノから、ブレーキキャリパーはピナレロFP-1から移植。

20090606_c.JPG

町乗り用にはコレでしょう。コレがあるとどこにでも自転車を立てておけるので、何気に便利。ママチャリにはあって当然のパーツだけど、ロードには普通付けない。でもコレがあるのとないのでは、町乗り用としては大きな差が出てくる。

20090606_d.JPG

最後の最後に苦戦したヘッドパーツ。結局スターファングルナットは自力での圧入を断念し、近くのサイクルベースあさひに持っていきました。工賃525円。でもコラムカットを100円ショップのノコギリでやったので、ちょっと斜めになってしまい、ヘッドに多少ガタが残ってしまった。そのうちこれもあさひで修正してもらうかも。

ぐるっと池袋〜千駄ヶ谷〜新宿と回ってきました。ピナレロFP-1と比べちゃいけないのかもしれないけど、重いなぁ。

ё
posted by ё ddie at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年06月03日

ブレーキ対決!

ピナレロFP-1についているティアグラのブレーキをTNiに移植し、代わりの新しいブレーキをFP-1に装着する予定で、仕事上がりに自転車屋に行ってきた。

残念なことに、店にはアルテグラSLと105(ブラック)しか在庫がなかったため、選択の余地がほとんどなかった。結局、店頭で数十分悩んでアルテグラSLを購入した。

20090603_a.JPG

で、さっそくFP-1にアルテグラのブレーキを装着。グレーの渋い色合いだ。ちょっと落ち着きすぎじゃないか?という印象。バーテープを巻き直すのが面倒だったので、ブレーキだけ外して装着。よって、ワイヤーはデフォルトのまま。

お次はTNiにティアグラを装着。こちらはイチから組み上げるため、一緒に買っておいたデュラエースのブレーキワイヤを装着することにした。我が家の自転車パーツで初のデュラエースだ(パーツ以外だとグリスが初)。

20090603_b.JPG

さっそくSTIを握ってみる。FP-1はティアグラ、TNiはSORAのSTIなので、レバーの剛性は断然FP-1の方が上。だが、実際ホイールを回転させて握ってみると、ブレーキの効きは明らかにTNiの方が良い。FP-1の方が“ギューッ”と止まるのに対して、TNiの方は“ゴッ!”と止まる。

パーツの性能でいくと、レバー:FP-1の方が上、キャリパー:FP-1の方が上、シュー:FP-1の方が上、ワイヤー:TNiの方が上…なので、これは確実にワイヤーの性能だと思う。

世の中のキャリパーブレーキの効きに困ってる人は、まずブレーキワイヤーを交換したほうがいいと思う。2万出してブレーキキャリパーを交換するより、2,500円でワイヤーを交換すればびっくりするほど良く効くようになると思う。

まぁ、懐に余裕がある人はキャリパーと一緒にワイヤーも交換するんだろうけど…。

ё
posted by ё ddie at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年05月31日

TNi 7005mk-2 仮組み

昨日のブログで書いた通り、今日はBBの取り外しから…と思ったら、BB用の工具がうちのモンキーレンチと合わない!!モンキーの口を思い切り開いても、BB工具の幅に足りないのです。

え…。

20090531_a.JPG
こんな感じ。

もしや、終了???

と、思ったものの、実家に行けばもう少し大きなモンキーがあったはず!と思い出し、実家に直行。ピナレロで実家に急行して、さっそく持ってきたBB工具を大きめのモンキーレンチに合わせてみたが、やっぱり大きさが合わない…。最終手段で、親戚の家(工具屋)に連絡し、後日拝借させてもらう約束をしました。

しばし雨宿りし(夕飯もご馳走になり)、自分ちに戻ってTNiを仮組み。

ワイヤー類を外し、前後ディレイラーを外して、サドル・ハンドル・ホイールも外して移植。外したついでにディレイラーの掃除もして、途中でSTIレバーの仕組みに感動したりしてたら、気がつけば22時。外したパーツをフレームに仮組みして、記念撮影してみました。

20090531_b.JPG

この状態だと、なんかピストみたいな感じですね。一歩間違えたら新聞配達の実用車か。タイヤが幅広で野暮ったいけど、通勤用なので目立たないのがイイ感じ。盗難防止効果マックスです。

あとはルイガノからBBを移植して、クランクセットを取り付けて、STIレバーとワイヤー類をセッティングしたらほぼ完成。あとコラムもカットしないとな。

出来上がりが楽しみだ♪

ё
posted by ё ddie at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年05月30日

最後の乗車

前回紹介したフレーム、詳しい人ならピンとくるかもですが、TNiというメーカーのものです。ロードレーサーのフレームなのに、実売価格2万5千円程度という夢のようなアイテム。そんな価格でもフロントフォークはカーボン製なので、フォーク含め全アルミのルイガノより居住性が若干高いのでは…と密かに期待してます。

さっそくルイガノをバラそうと思い、クランクの取り外しを試みるが一向に外れない。もしかして間違ってるのかな…と不安になり、購入元の御徒町の自転車屋に行って聞いてみたところ、間違ってないとのこと。

家に帰って、潤滑のため患部にクレ556を噴き、思いっきりトルクをかけたら外れました。

閑話休題。

御徒町まではルイガノで往復したんだけど、これがこのフレームとの最後の付き合いなんだなと思うと、色んな思いがこみ上げてきた。ブレーキの効きがダメだとか文句を言いながらも、結局2年以上の付き合いだった。佐渡島も走ったし、富士山も途中まで登った。河口湖も相模湖も大垂水も和田も走った。毎日の通勤でも使った。

最後の乗車は、彼の体からパーツを取り外すための旅でした。最後にもかかわらず、滝野川〜御徒町の間を快適に走れました。今までありがとう。君は今日で引退だけど、君についてたパーツは寿命がくるまで使い続けるよ。

話は戻って、クランクを外した図がこちら。

20090530_b.JPG

クランクセット一式が着いてないだけで、なんだか燃え尽きたジョーみたいだ。

最後に、本日使った工具はこちら。

20090530_a.JPG

左から順に、モンキーレンチ、チェーンカッター、クランク抜き工具、8mmのアーレンキー。一番右は外し終わったチェーン。

明日はBBと前後ディレイラーまでいけるかな。

ё
posted by ё ddie at 19:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年05月29日

モノを作る

自分はモノを作ることが大好きだ。

つい最近作ったものといえば、これ。

20090529_a.JPG

ホワイトシチューはルーを使わず、小麦粉と牛乳で作る。味付けは塩とバターと粉チーズ。ちなみに牛乳は1リットルのパック丸ごと全部入ってます。大きさの比較のために、BOSSのエフェクターを持ってみました。鍋の巨大さが分かってくれれば、エフェクターも本望でしょう(笑)

20090529_b.JPG

シチューは激ウマだったんですが、そんなモノ作り大好きな自分が、次に挑戦しようと思ってるモノが我が家に届きました。

これを開けると、中にはコチラ!

20090529_c.JPG

自転車のフレームとフロントフォークです!!

ルイガノから部品を移植して、自転車を1台組み上げようという、壮大な計画です。自分の手で組むことで、仕組みが全部分かるんじゃないかなと思ってます。

なんでルイガノをバラすかというと、やはりブレーキの問題。カンチブレーキの効き方がどうも気に入らないので、キャリパーブレーキを装備できるロードレーサーのフレームが必要となったわけです。

さて、来週の月曜の通勤までに間に合うのか分からないけど、土日かけてやってみよう。

ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年05月20日

ホイール対決第二弾

今日は骨の定期検査のため、午前半休。

大塚病院にてレントゲンを撮ってきました。結果は良好。自転車について聞いたところ、もう思い切りペダルを踏み込んでも良いとのことだったので、こちらも一安心でした。

半休をとっているので、診察が終わった後は自転車で代々木公園へ。木陰のベンチに座って昼飯と洒落こんでみました。

20090520_a.jpg

結局、13時半頃出社して、18時に退社。いやー、こういう勤務時間っていいね!老後はこうありたいもんです。

おかげで家に帰っても体力が有り余ってる状態。前々から気になってた、ピナレロFP-1についてるホイール(M.O.st EDHO)を、ルイガノCCTに装着したらどうなるんだろう?について調べてみました。

まず、持った感じでは圧倒的にM.O.stが軽い。前回計ったとき前後合計2kgぐらいあったので、ルイガノCCTのホイール(AlexRimsリムDA16+SORAハブ。Webで探したけどこんな組み合わせの完組みは見当たらない。)の重さに愕然。ちゃんと計ってないけど、3kgぐらいありそうな感じ?

走った感じ、「あれ?なんか加速が弱い。」というのがファーストインプレッション。普段のホイールの「重いけど気合いで踏めば踏むほど加速する」という感じとは違い、どことなく頼りない感じ。これがホイールの剛性ってヤツなのでしょうか。まぁ、スポークの本数が全然違うし、仕方ないのかな?

20090520_b.jpg

普段、ルイガノCCTの激重フレーム+激重ホイールだと50km/hくらいは普通に出るのに、今日の組み合わせだと40km/hを超えるのがやっと。持ったときはM.O.stの方が軽いのに、乗った状態だとこっちの方が重い印象でした。とにかく回転が鈍い感じ?経験の浅い自分にはよく分からないけど、そんな印象。

ちなみにタイヤは、CCT用ホイールにはMAXXISデトネイター28C、M.O.st EDHOにはパナレーサーVALIANT EVO 3 PT(23C)を装着。空気圧はどちらも同じに揃えました(7気圧)。

そんなわけで、「FP-1のホイールは買い換えよう」という結論に至ったのでした。

ё
posted by ё ddie at 22:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 自転車

2009年05月16日

完璧な一日

昨日のこと。

Webの天気予報サイトで「翌日は午後から雨」との情報を得た。「昼までに戻るプランなら走りにいける」と確信し、帰宅途中でスーパーに寄り、見切り品になっていたミニドーナツ4個入りを購入。目覚ましはセットしなかったが、翌朝早起き出来るように22時半に就寝。

そして翌朝。

朝5時半に目覚めた。平日の「仕事行きたくねーなー、起きたくねーなー」的な躊躇は全くなく、スパッと起床。電子レンジに朝食の準備をさせ、チェーンの注油とタイヤの空気入れを済ませた。もちろん朝食はしっかり、朝から目一杯食べた。

このペースでいけば6時過ぎには出られる。そうすれば午前中のうちに相模湖まで行って戻ってこれそうだ。…色々と思いが膨らんだ。

準備をしつつ、ワンセグで朝のニュースを聞いていたところ、「今日は昼頃から雨の予報でしたが、どうやらもう降り始めてきましたね」の言葉が耳に入ってきた。慌ててベランダに出てみると、微妙に降ってきていた。

歩いて出かける分には傘も必要ない程度の雨だったが、自転車はそうはいかない。

あー。あー。あー。

そうこうしているうちに、気づけば既に14時を回っていた。
ミニドーナツは胃の中に消えていた。

ё
posted by ё ddie at 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車

2009年05月09日

怪我後初の大垂水峠

怪我から復帰後、初のヒルクライムに挑戦してきました。

といっても大垂水峠なので全然ヌルいんですが…。まぁ、自分が今どこまで出来るのかを知るにはちょうど良いレベルでしょう。

出発直後からどうにも調子が上がらず、八王子まではしんどい道程。八王子のコンビニでおやつ(ミニドーナツ4個入りとミルクコーヒーのペットボトル)を購入し、体にチャージしたところ、エネルギーがみなぎってきた。ということは、昨日の食事で炭水化物が足りなかった(グリコーゲンがあまり生成できなかった)と見るのが正しいのかな?

そこからはペダルも軽く、高尾山口の駅前を通過。途中の電光掲示板のところまではアウターでいけた。そんなことなら、もっと早く補給すればよかった!!

フロントをインナーに切り替え、リアも少しずつロー側へ。途中、心拍数が最大182まで上がったけど、リアをあと2枚残して登頂。ギアを使い切らなかったということは、最初に峠に挑戦したときほどまでには体力は落ちていないということ。一安心しました。

20090509_a.jpg
で、記念撮影。後ろの看板がよく見えないけど、大垂水峠の文字。

普段なら相模湖あたりまで下って、また登って帰るんだけど、今日は出発が遅かったので引き返すことにしました。帰りはパナレーサーValiant Evo3のコーナリング性能を如何なく発揮し、あっという間に高尾山口駅前へ。そこからは普段通り、甲州街道〜東八道路〜環七〜水道道路〜山手通り〜明治通りで帰宅。

総走行距離120.8km、平均速度23.6km/h、最高速度54.3km/h、平均ケイデンス78、平均心拍数137、消費カロリーは2847kcal。

20090509_b.jpg
カンカン照りじゃなかったので気を抜いてたけど、家に帰ったらかなり焼けてた…。今年は黒い男にはなりたくないなぁ。

ё
posted by ё ddie at 21:43 | Comment(1) | TrackBack(0) | 自転車
←クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。