2010年07月31日

BOSS SD-1

手持ちの歪みエフェクターが増えてきたので、ここらで忘備録も兼ねて、ちょっとレビューをしてみようと思う。

まずは第一弾、オーバードライブの定番BOSSのSD-1から。

boss_sd-1.jpg

このエフェクターは高校生の頃から使っていて、購入した理由が「ブルーハーツのマーシーが使ってるから」という単純明快なもの。

当時まだOD-3なんて洒落たものが存在しなかった時代、オーバードライブといえばBOSSのSD-1というほど定番中の定番のアイテムだった。でも定番になるにはなるだけの理由があって、ほんとに使い勝手がいい。色々な歪みエフェクターに浮気はしたけど、いつもここに帰ってきてしまう。自分にとってはそんな存在のエフェクターです。

で、サンプル音はこちら。



接続は、ギター(レスポールスタンダード)→エフェクター→マイクプリ(ARTのTUBE MP)→PC(Amplitube、マーシャル音)というものなので、リアルなアンプだと若干イメージ違うかもです。でも音の傾向は分かると思うので。

サンプル音の内容は、最初にエフェクターOFF、その次がエフェクターONだけど歪みゼロ(TONEは12時、Volはアンプと合う程度)、その次が歪みだけ12時に変化、最後に歪みだけMAXというもの。

個人的には、TONEをもっと絞って甘い音にした方が好み。ブースターとして甘くて粘るサウンドを出させたら、こいつの右に出るペダルに今まで遭遇したことがない。音痩せさえなければ最高のブースターなんだけどな。

続いて第二弾、第三弾とやっていこうと思います。
ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽機材
←クリックお願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158063854
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。