2010年04月15日

準備着々

TNi号のタイヤを、Panaracer Extreme EVO3(23c)から、Duro PT(25c)に変更した。

しかしDuroのビードは固いとは聞いていたけど、こんなに固いとは思わなかった。タイヤレバーを思い切りしならせて、なんとか着脱できるぐらい(運が悪ければ折れると思う)の固さ。

なんとかタイヤをホイールに装着して、記念撮影。

20100414_a.jpg

このあと、ずっと調子が悪いのに見て見ぬ振りをしていたリアディレイラーを完璧に調整して、チェーンの油を交換して、サドル位置を上げて、リクセンカウルの台座をシートポストに装着して、今日の作業は終了。

明日、時間があればDuro PTの走行テストをしてみたい。

ついでにSPD+Mavicのシューズのファーストインプレッションもちょっと書いておきます。

SPD-SLに比べてクリートが小さいので、嵌めるのが大変。ホールド力は、初期状態のSPDで、ヘタってきた頃のSPD-SLぐらい。左右の遊びも若干大きいので、力が逃がやすい。シューズもロード用に比べて、(歩くことを想定に入れているため当然だが)足首近くのホールド力が弱く、そのぶん力が分散しやすい。シューズの重さをほとんど感じないのは、Mavicのだからだろう。

意図的に足をキレイに上下させないといけないので、副作用的に正しいペダリングが身につきそうな気がする。

走るだけならSPD-SLの方が圧倒的にイイ。でも街中で下車することを考えるとSPD。用途によって使い分けるのがいいんだろうけど・・・。

ё
posted by ё ddie at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 春のロングライド2010
←クリックお願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。