2010年03月26日

ピックアップ選び(その3)

サウンドハウスで購入したピックアップが届き、さっそくギターに装着してみた。

今までピックアップは何度も交換したことがあるけど、4芯のものは初めて。実際に外皮を剥くと、中に細っっっそい線が数本入っている。これを剥くのか!と一瞬躊躇したけど、何もやらなければ先に進まないので、決心してやってみる。

弦交換用のニッパーでは切れ味が悪く、何度か中の線ごと切ってしまった。これ以上失敗したらピックアップからポットまでの長さが足りなくなると焦りつつも、ギリギリのところで何とかなる。

ハンダ付けもいっぱいあるので面倒だ。結構な時間がかかったが、なんとか2個のピックアップがくっついた。

そして、PCのAmplitubeを起動して、さっそく弾いてみる。

き、気持ちイイ・・・。

フロント(SH-2 Jazz Model)もリア(SH-4 JB Model)もAntiquityより好きだ(Antiquityは思ってたより低音域が強かった)。フロントはエッジが立ち、リアは人間的な暖かさを感じる。どっちもあまり歪まさずに、クリーン〜クランチ程度でブルースやファンクを弾くのが合いそう。バンドでは歪まさなきゃならないのが勿体無い感じ。

ああ、早くスタジオの大音量で鳴らしてみたい。

ё
posted by ё ddie at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽機材
←クリックお願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144766219
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。