2010年03月21日

ピックアップ選び

アンプ直結が好きだ。

アンプ直結の音質が大好きなのはもちろんだが、何より「直結」はシンプルでカッコイイ。昔のブルースマンはみんな直結(か、繋いでもワウだけ)だ。俺もブルースマンなら、そうするべきだ。

エフェクターを使う理由は、曲の途中で、急に、劇的に音色を変化させられるからだ。だけど、今のバンドで必要な音色を考えていったら、直結でも何とか足りそうな感じだ。というか、足りるまであと一歩という雰囲気だ。

であれば、アンプ直結でも音色が足りなくならないように工夫すればいい。いや、ブルースマンなら工夫するべきだ。

アンプ直結だと、演奏中に音色を変える手段はギターのボリューム、トーン、トグルスイッチの3種類がある。(もちろんプレイヤー側・弾き方では無限にあるので、ここでは割愛。)

ボリュームを上げれば音は歪むし、絞ればクリーンに近づく。音が抜けない場合はトーンを上げ、その逆の場合はトーンを絞る。固い音が欲しい場合はリアPUを使い、マイルドでいい場合はフロントPUにする。あとスタジオによく歪むマーシャルがあれば、(通常の音楽なら)それだけの音で演奏可能だ。

しかし、そこには落とし穴が一箇所ある。
今使ってるピックアップ(ダンカンのアンティクイティ)は、すごくブルージーで良い音がするのだが、フロントの迫力ある低音と、リアの枯れた音がどうも合わない。音の差がありすぎる。

ということで、ピックアップを再度交換することにしました。
どんなピックアップにするかは、次以降に書こうと思います。

ё
posted by ё ddie at 14:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽機材
←クリックお願いします!
この記事へのコメント
安い楽器でもピックアップ変えるとかなり変わるよね。
昔使ってたフェルナンデスでもディマジオ積んだらちょっとは良くなった。
Posted by リーダー at 2010年03月21日 18:57
>リーダー
安物の楽器の場合、楽器のグレードがかなりレベルアップするね。安くない楽器でも個性がガラッと変わるし。
ただ、楽器の出音そのものを変えてしまうので、最終手段のような気もするけどね。
Posted by ё at 2010年03月21日 21:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。