2009年09月24日

夏の旅人2009【その12】

目覚ましをセットせずに寝たおかげで、8時起床。普段より少し遅くまで寝たおかげで体調バッチリだ。コンビニで買っておいたおにぎり3つと500ccの飲むヨーグルトを朝食にし、ストレッチやら何やらを済ませて9時前に出発。

20090924_a.jpg
今回はフジヤマアタックしない。

走り出してすぐに右膝に違和感が出る。前日のヒルクライムで痛めた箇所だ。以前、河口湖まで自走したとき、和田峠で同じ箇所を痛めて富士登山に失敗した経験がある。さすがにマズそうなので蒲原のコンビニで休憩を入れ、右膝の様子を見る。ついでにおにぎり2つと缶コーヒーを摂取。

右足はサポート役に徹して、左足でトルクをかける走法なら、ある程度いけるのでは?と思い、それでちょっと走ってみる。意外にスピードも出て、体も楽だ。安易に「これでいこう」と判断してしまう(後でこれが致命傷になるのだが…)。

由比、興津、清水と海岸線が続き、途中で何組ものローディとすれ違う。路面の舗装状態も良好だし、快適だ。確かにここを走りたい気持ちは分かる。

その後、静岡駅の横のマクドナルドで膝を休めた。ひとしきり休んで回復を待ち、なんとか進めることを確認して再出発。ペダルに合わせて回転させれば、自転車の性能のおかげで進んでいける。

そんなこんなで藤枝に到着。友達と合流した。車で焼津港へ連れていってもらい、海鮮三昧な昼食をご馳走になる。店が混んでいたのもあり、2時間半ほどの大休止。さすがに漁港の定食屋は美味かった。おまけに栄養ドリンクとエアサロンパスのお土産をいただき、藤枝をあとにした。

大休止を入れたおかげか、膝の痛みはかなり引いていた。一気に進もうとしたが、ここに難関が待ち構えていた。牧の原台地だ。一面茶畑のステキな風景とは裏腹に、約200メートルの登りが突然出てくる。体調が万全なら大したことない勾配だが、右足ではもう踏み込めないので、左足一本で登りきる。ビンディングで足とペダルが固定されているからこそ出来る芸当だ。

20090924_b.jpg
牧の原台地の茶畑。

その後、一気に掛川まで進み、スーパーで飲み物を調達。そろそろ薄暗くなってきたので、先を急ぐことにした。袋井、磐田とクリアして、浜松へ。うなぎが食べたかったが、膝が痛むので動き回れず、駅前のすき家に入る。悲しい…。

携帯で宿を探すが、浜松には安い宿がなかった。時間ももう9時を過ぎていたので、次の町へ進むより浜松で寝たほうがいいと判断。コンビニでパンを5つ購入してマン喫に入り、シャワーを浴びた。キン肉マンの超人オリンピック編を読み、ジェロニモにイライラしつつ、就寝。

走行距離130km。平均速度20.6km/h(Max37.9km/h)。
足の痛みであんまり進めなかった。

ё
posted by ё ddie at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の旅人2009
←クリックお願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128766165
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。