2008年11月04日

ある病棟の一日【その9】

俺は手術室に運ばれた。

室内に入ると、数人の看護婦と整形外科の先生(主治医)、それに麻酔科のベテランっぽい女医さんがいた。その横には助手っぽい若い男がいた。

横向きに寝かされた俺の腰を、助手がぐりぐりと押し始めた。ポイントを探っているらしいが、なかなか要領を得ず、数分間続いた。

やがて助手は手を離し、慣れない手つきで何かを操作し始めた。

「大丈夫。落ち着いて。」女医がいった。

その言葉で俺は察した。この助手っぽい挙動不審の男は麻酔科の医者なのだ!そして今まさに俺はその本人に麻酔を打たれようとしている!!怖ぇぇ!!

が、しかしなかなか麻酔を打つ気配がない。

「あら。随分いっぱい捨てちゃうのね。」再び女医の声がした。

きっと、注射器内の空気を抜くのに手間取って、中の麻酔液をたくさん捨ててしまっているのだろう。次に「でもここまではあるので…。」という声と「まぁ、ぎりぎり大丈夫ね。」という声がした。本当に大丈夫なんだろうか。

そして麻酔が打たれた。

麻酔が効いてきたかどうかを、冷たい脱脂綿を当てて確認するのだが、なかなか効いてこない。1.2分ごとに確認するが一向に効いてこない。10分以上経ったような気がする。足先は効いているのに、切る場所(腰の横)は全く平静を保っている。

「なかなか効かないわね」「ちょっと心配です」「でも一応足りてるはずだから」麻酔科医同士のやり取りが聞こえる。

そのとき、主治医が割って入った。

「もう始めちゃいましょう。このままでは始める前に手術の時間が終わってしまいますから。」

おいおい、ちょっと待ってくれよ!!俺の腰は至って普通なんですけど!!このまま切ったら痛いんじゃねえの!?

なにやら切る場所にズブッと注射を一本打たれた。おそらく局部麻酔だろう。それからは痛みもなく、手術を受けることができた。

手術中、ずっと横のモニタを見ていた。モニタには自分の骨が映っていて、中にドリルが入っていく様がわかった。無残にも自分の骨に穴が開き、ドリルの振動が骨盤を伝わって腹に響いた。腸まで突き破るんじゃないかと思うぐらい、ドリルは深くまで達した。

* * *

やがて手術が終わった。

主治医の最初の一言は「やあ、びしょびしょだ」だった。何でびしょびしょだったのかは、実際に見ることが出来なかった…。
posted by ё ddie at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | ある病棟の一日
←クリックお願いします!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109104055

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。