2010年08月01日

Lovepedal COT 50

手持ちの歪みエフェクターレビュー第二弾は、最近お気に入りのLovepedal COT 50。

lovepedal_cot50.jpg

このCOT 50は、60年代後半のマーシャルサウンドを出すためのエフェクター。かなりお手軽にジミヘンみたいな音が出る歪みペダルです。

最近のモデルでは3つツマミがついてるんだけど、このモデルではツマミは1つ。これは歪み量を調整するもので、右いっぱいに回すとJTM45をフルテンにしたような歪み方になる。ツマミには説明文がなく、かわりにハイロウズみたいな「↑↓」の絵。個人的には、この絵も心惹かれた要因の一つ。

で、サウンドを録ってみました。



録音装置、弾き方ともに前回のSD-1と同じ。ちなみに、最初にEのローコードを軽く、次に強く、また弱く弾いて、その次に単音弾きの音、最後に中音域でのコード(7フレットでのE 9th)を弾いてます。

ギターのセッティングは、SD-1同様にサンプル音源ではギターのツマミをボリューム、トーンともに全開(リアPU、セイモアダンカンJB)。

本当は、ギター側のトーンを絞って耳に痛い音域を削り、12時かそれより弱めのクランチで弾くのが最高に気持ちいいと思う。60年代から70年代前半までのオールドロックな音が好きな人、ブルースが好きな人にはお勧め。個人的に大好きなサウンドが簡単に出るエフェクターで、これから先も重宝するんだろうなぁ、という感じです。

ちなみに、上では良いことばかり書いてるけど、悪い点は3つあって、一つは値段が高いこと、もう一つはコアやメタルな歪みは出ないこと(出力の低いシングルコイルだと今風のパンクやハードロックも厳しいかも)、もう一つはピッキングニュアンスが思い切り出るので、弾き方が荒い人は向かないかも。その辺が問題ない人には、すごくいいエフェクターだと思います

あと何台かエフェクターレビュー続きます。
ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 12:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽機材
←クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。