2010年08月01日

Lovepedal COT 50

手持ちの歪みエフェクターレビュー第二弾は、最近お気に入りのLovepedal COT 50。

lovepedal_cot50.jpg

このCOT 50は、60年代後半のマーシャルサウンドを出すためのエフェクター。かなりお手軽にジミヘンみたいな音が出る歪みペダルです。

最近のモデルでは3つツマミがついてるんだけど、このモデルではツマミは1つ。これは歪み量を調整するもので、右いっぱいに回すとJTM45をフルテンにしたような歪み方になる。ツマミには説明文がなく、かわりにハイロウズみたいな「↑↓」の絵。個人的には、この絵も心惹かれた要因の一つ。

で、サウンドを録ってみました。



録音装置、弾き方ともに前回のSD-1と同じ。ちなみに、最初にEのローコードを軽く、次に強く、また弱く弾いて、その次に単音弾きの音、最後に中音域でのコード(7フレットでのE 9th)を弾いてます。

ギターのセッティングは、SD-1同様にサンプル音源ではギターのツマミをボリューム、トーンともに全開(リアPU、セイモアダンカンJB)。

本当は、ギター側のトーンを絞って耳に痛い音域を削り、12時かそれより弱めのクランチで弾くのが最高に気持ちいいと思う。60年代から70年代前半までのオールドロックな音が好きな人、ブルースが好きな人にはお勧め。個人的に大好きなサウンドが簡単に出るエフェクターで、これから先も重宝するんだろうなぁ、という感じです。

ちなみに、上では良いことばかり書いてるけど、悪い点は3つあって、一つは値段が高いこと、もう一つはコアやメタルな歪みは出ないこと(出力の低いシングルコイルだと今風のパンクやハードロックも厳しいかも)、もう一つはピッキングニュアンスが思い切り出るので、弾き方が荒い人は向かないかも。その辺が問題ない人には、すごくいいエフェクターだと思います

あと何台かエフェクターレビュー続きます。
ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 12:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽機材

2010年07月31日

BOSS SD-1

手持ちの歪みエフェクターが増えてきたので、ここらで忘備録も兼ねて、ちょっとレビューをしてみようと思う。

まずは第一弾、オーバードライブの定番BOSSのSD-1から。

boss_sd-1.jpg

このエフェクターは高校生の頃から使っていて、購入した理由が「ブルーハーツのマーシーが使ってるから」という単純明快なもの。

当時まだOD-3なんて洒落たものが存在しなかった時代、オーバードライブといえばBOSSのSD-1というほど定番中の定番のアイテムだった。でも定番になるにはなるだけの理由があって、ほんとに使い勝手がいい。色々な歪みエフェクターに浮気はしたけど、いつもここに帰ってきてしまう。自分にとってはそんな存在のエフェクターです。

で、サンプル音はこちら。



接続は、ギター(レスポールスタンダード)→エフェクター→マイクプリ(ARTのTUBE MP)→PC(Amplitube、マーシャル音)というものなので、リアルなアンプだと若干イメージ違うかもです。でも音の傾向は分かると思うので。

サンプル音の内容は、最初にエフェクターOFF、その次がエフェクターONだけど歪みゼロ(TONEは12時、Volはアンプと合う程度)、その次が歪みだけ12時に変化、最後に歪みだけMAXというもの。

個人的には、TONEをもっと絞って甘い音にした方が好み。ブースターとして甘くて粘るサウンドを出させたら、こいつの右に出るペダルに今まで遭遇したことがない。音痩せさえなければ最高のブースターなんだけどな。

続いて第二弾、第三弾とやっていこうと思います。
ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽機材

2010年07月10日

MXR Carbon Copy

長らくブログの更新が滞っていたけど、新しい仲間が加入したのでレビューがてら書いてみようと思う。

ヤフオクで落としたんだけど、入手したのはMXRのCarbon Copyというアナログディレイ。

20100710_a.JPG

今までBOSSやYAMAHAのデジタルディレイやマルチに入ってるディレイを使ってたことはあるんだけど、コンパクトのアナログは初。
ツマミは左からREGEN、MIX、DELAYとあり、音が返ってくる回数、返ってくる音のボリューム、返ってくるまでの時間の意味。あと筐体左上にMODボタンがあって、これをオンにするとウネウネした感じになる。ウネウネ感は本体の中にあるツマミを使って調整可能。たぶんクリーンで音をキラキラさせたいときに使えると思う。

デジタルディレイとの決定的な違いは、音の減衰がすごく自然なこと。デジタルの場合は今鳴ってる音がそのままディレイして返ってくるんだけど、アナログの場合は若干引っ込んだ感じというか、湿った感じになって返ってくる。ディレイ音が主張しないので、原音が生きてくる。つまり良い音を出していても邪魔されないということは、逆からいえば音質をごまかせない。音フェチにはたまらないエフェクターなんじゃないだろうか。多くのアナログディレイが何万もする理由が分かったよ。

あと、REGENやDELAYツマミを最大まで振り切ると発振する。REGENを最大にして、DELAYツマミで音程をコントロールしたりして遊べるけど、実践で役に立つ効果かは不明(笑)。

20100710_b.JPG

それから、こういう質の良いディレイを手に入れると、歪みペダルの重要性が分かってくる。歪みの前でディレイさせると、せっかくのアナログディレイサウンドの良さ(前述)が9割9分かき消されてしまう。アンプのセンド/リターンに繋ぐか、オーバードライブか何かを手前に挟んで作るしかない。

ペダルという選択肢をとった場合、手持ちで何とかしようと思うと、BOSSのSD-1、Big Muff(ロシア)、ダンエレクトロのDaddy-O、マーシャルのブルースブレイカーしかない。マーシャルのはイマイチだし、SD-1も低音域が足りない。となると、ロシアンマフかダンエレになる。それとシールド2本使ってセンド/リターンに繋ぐのとの3択で考えてみようと思う。

スタジオ行って試してみるかな。

ё
posted by ё ddie at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽機材

2010年05月17日

春のロングライド2010 〜最終日〜

4日目。大垣の宿を出てすぐ、中部地方で有名な喫茶店であるコメダ珈琲に入ってみる。モーニングを頼み朝食にしたが、全然足りない。

20100502_j.jpg

エネルギーが切れたらマズイなぁ・・・と思いながら走っているうちに、関が原に到着。ここが前回の旅の最終地点なので、これより先に進めば記録更新だ。

20100503_h.jpg

気づけば駅前にアコギが飾ってある喫茶店を発見。面白そうな店なので、本日二度目の朝食をとることにした。

店は、おばちゃんが一人で切り盛りしていた。食事が出てくるまで、隣の席のおっちゃんと話をした。おっちゃんはボウリングの岐阜県代表で、今度東京で試合をするらしい。試合会場は品川プリンスホテルとのこと。・・・って、品川プリンスホテルにボウリング場があるんだね、そっちに驚いたよ。

ギターとおっちゃんとおばちゃんに囲まれた食事を終え、先に進んだ。

20100503_a.jpg

米原を越えると、トンネルがあった。佐和山トンネルと書かれていた。またしても戦国時代好きの血が騒いだが、トンネルは危険な場所なので慎重に進む。

20100503_b.jpg

トンネルを抜けると、こんな感じになっていた。佐和山城の跡地ということで、そこら中に「三成なんちゃら会」と書かれていた。関東に住んでいると全く気づかないけど、こっちの地方に来ればそれなりに人気があるんだなぁ、石田三成。

この後、本当は琵琶湖沿いの道を走りたかったけど、風が強そうなので寄り道せずに進む。気温がかなり上がり、体力が奪われていく。

どこかで休みたいと思い、携帯で近くの漫画喫茶を検索。近江八幡まで行けば何件かあるらしい。さっそく近江八幡に移動するが、実在しなかった・・・。なんだよそれ。時間をロスしてしまい、結局駅前のマクドナルドで栄養補給。

14時近くに近江八幡を出る。草津方面に進み、本来は石山で琵琶湖沿いにぐるっと右折しなければならないところで、若干迷子気味になる。コンビニでお茶を買うついでに道を聞いたり、Google Mapで検索したりしながら、なんとか大津に到着。

20100503_c.jpg

その後、程なくして京都府入り。
ずっと平坦だった琵琶湖沿いに比べて、京都はアップダウンがあって楽しい。

東山辺りで交通量が一気に増える。車道も歩道も人でいっぱいだ。渋谷とか原宿みたいだ。ひとまず鴨川の河川敷で一休み。

20100503_d.jpg

朝から時々検索して探したけど、この日の宿が取れなかったので、ここで旅を終えることにした。京都駅近くのお好み焼き屋で、ひとり打ち上げる。久々に飲んだビールは最高に美味かった。

20100503_e.jpg

自転車を輪行袋に詰めて、新幹線ホームに向かう。

20100503_f.jpg

夕方の京都駅前は、自転車を輪行袋に詰める人たちがたくさんいた。

20100503_i.jpg

新幹線で東京に戻り、無事帰宅。
楽しい旅でした。
次はどこへ行こうかな。

20100503_g.jpg

移動時間:6時間25分、走行距離:130km、平均速度:20.2km/h、最高速度:49km/h。

4日間の総移動時間:27時間26分
4日間の総走行距離:572.6km

ё
posted by ё ddie at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 春のロングライド2010

春のロングライド2010 〜3日目〜

3日目。浜松のホテルは朝食付き。出された朝食とコンビニで買ったパンを食べて出発。

20100502_a.jpg
浜松を出て少し走ると、浜名湖に出る。まずは記念撮影。

20100502_b.jpg
水質はこんな感じ。結構綺麗。

今回の旅は常に向かい風だったけど、この辺りの風は一番強力だった。宿を出た直後だったから良かったものの、疲れてる時間帯だったら心が折れてたかもしれない。

浜名湖を越えて、台地を登りきると愛知県。坂を下っていくと豊橋市に入るが、この辺から交通量が増える。ここまで一度もクラクションを鳴らされずに来たけど、愛知県入った直後、いきなりトラックから幅寄せ&クラクションの洗礼を受ける。そもそも愛知県の道路は車優先に作られているので、非常に走りづらいのだ。

しかし有難いことに、豊橋を過ぎると東海道は名鉄沿いを走るので、交通量が一気に減る。若干アップダウンはあるけど、神経をすり減らすよりはよっぽどマシだ。

その後、岡崎城で休憩。昼ゴハンにしたかったけど、店が見当たらなかったのでカロリーメイトとお茶で凌ぐ。

20100502_c.jpg

しかし胃は満たせても心も満たされないので、走りながら店を探す。すると、黄色くて派手な「横綱」という看板のラーメン屋を見つけ、入ってみることにした。スープは豚骨、ねぎ入れ放題で、結構うまかった。

20100502_h.jpg

心が満たされ、足取りも軽く先へ進む。桶狭間跡地の公園で休憩を入れ、名古屋のコンビニでも休憩を入れ、岐阜県へ。すると、山の上に何やら建造物が・・・

20100502_d.jpg

拡大してみると、こんな感じ。

20100502_e.jpg

おおお!稲葉山城じゃん!!と、戦国時代好きの血が騒いだが、宿泊地である大垣に向かうことにした。

20100502_f.jpg
長良川の橋で夕焼け。

大垣に着いてすぐ、飲食店を探す。飲み屋以外で一軒だけ開いてたとんかつ屋に入った。

さっそく店に入り、とんかつ定食を注文すると、ソースか味噌か尋ねられた。なるほど、名古屋に近いからこの辺も味噌カツがポピュラーな地方なんだな、と思いつつソースの方を注文。味は激ウマでした。

20100502_g.jpg

その後、大垣のカプセルホテルに宿泊。広い風呂とサウナが自由に使えて快適。カプセルホテルって今回の旅で初めて利用したけど、結構気に入ったかも。

移動時間:7時間18分、走行距離:160km、平均速度:21.8km/h、最高速度:42.9km/h。

翌日に続く。ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 00:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 春のロングライド2010

2010年05月16日

春のロングライド2010 〜2日目〜

2日目。沼津駅近くのセブンで食料を買い、近くの公園で朝食。カプセルホテルは安いし機能的には必要十分だけど、食費を考えると朝食付きの安ホテルの方が安いかもしれない。

そんな感じで、西へ向けて出発。少し進んで富士市に入ると、どどーんとでっかい富士山が現れた。富士山を見るとテンションが上がるのは、やっぱり日本人のサガだろうか。

20100501_a.jpg

そういえば静岡県の東側は、歩道の信号が青になったときの音楽が「♪頭を雲の上に出し〜」だ。東京の物悲しい「♪通りゃんせ、通りゃんせ〜」のメロディより健全でよいと思う。

富士川を越え、蒲原、由比、興津、清水と海沿いを走る。

20100501_b.jpg
由比の桜えびゲート。

20100501_c.jpg
清水駅の改札口(江尻口)。反対側の改札にはどんな絵があるんだろう?

清水から東海道は内陸に入る。
残念なことに、ここまで海沿いを走ってきたのに、全くシーフードを食べれていない。なぜなら時間が早すぎるから。清水駅到着が10時半。残念すぎる。

静岡を過ぎ、藤枝に入る手前で、道の駅に入り昼食をとる。地のものかどうかは不明だけど、シーフード食べたい欲求が高すぎてサンマ焼き魚定食を食べる。美味かった。

20100501_d.jpg

道の駅では自転車乗りの人も何人かいて、少し話すことが出来た。一人は前日の深夜に横浜を出て、宿泊せずにここまで走ってきたらしい。そして、そのまま浜松の実家まで無泊で行くのだとか。もう一人は小田原から走ってきていて、昨夜は富士で宿泊、行き先は名古屋とのこと。正直、ここまでずっと向かい風で心が折れそうだったけど、みんな辛そう&苦しそうだけど楽しそうにしていて、元気をもらった。

20100501_e.jpg

道の駅を出て、藤枝のトンネルをくぐると、今度は年配のローディに声をかけられた。曰く、行き先は京都とのことだが、今日はそろそろ泊まる場所を探そうと思っているらしい。じゃあ自分が探しましょう!ということで、携帯で宿を探す。少し先の島田に安いホテルがとれそうなので、宿の名前と電話番号を伝える。年配のローディさんはその場で電話して予約。感謝のお言葉をいただき、こちらは先に進むことにした。

20100501_f.jpg
島田を過ぎ、大井川を越える。

ここから先は牧の原台地だ。上まで一気に駆け登り、茶畑の間の道を一気に駆け下りる。向かい風が激しくてあんまりスピードも出ず、少し進んだところで休憩を入れた。

磐田を越えた辺りで、日が沈みかけてきた。天竜川を越えたところで、辺り一面綺麗な夕焼け。

20100501_g.jpg

暗くなる前に浜松に到着し、この日の宿に直行。ひとっ風呂浴びて、うなぎ屋へ向かったのだった・・・。

移動時間:6時間22分、走行距離:136km、平均速度:21.3km/h、最高速度:47.3km/h。

翌日に続く。ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 春のロングライド2010

2010年05月15日

春のロングライド2010 〜初日〜

ゴールデンウイークから暫く経ってしまったけど、忘れないうちに旅行記をまとめたいと思います。

4月30日、朝ゴハンをしっかり食べて出発。朝7時半。

20100430_a.jpg

環八→国道1号と進んで横浜方面へ向かうが、いきなり問題が発生。
リアディレイラー or プーリーの辺りから異音が発生している。止まってペダルを回してみたものの、どこかが擦れてる様子もないので、無視して進むことにした。

ところが、戸塚、藤沢と進んで行くにつれ音が大きくなる。流石にマズそうだと思い、茅ヶ崎のサイクルベースあさひに入る。

店員さんに相談したところ、特に当たってる箇所もないし、注油して様子を見ることに。とりあえず異音はなくなった。ありがとう店員さん。

直後、海が見えてテンションが上がる!足取りも軽くなる!
20100430_f.jpg.gif

13時頃、小田原に到着。マクドナルドで腹ごしらえして、箱根越えに備える。

そしていよいよ箱根峠アタック開始!東海道で最大の難関だ。いつもの通り、箱根湯本まではスムーズ。そこから先は膝の具合と相談しながら、ゆっくり走る。

20100430_b.jpg

途中、新緑の中を進みつつ、クロスの人やMTBの人、ロードのお爺ちゃんを抜きつつ、強羅近辺のファミマで休憩。膝の具合は悪くないが、反対側の足を若干使い過ぎてる。でも、頂上まではもうすぐだ。

20100430_c.jpg
国道1号最高地点を越え・・・、

20100430_d.jpg
ようやく芦ノ湖に到着!先の長い旅なので、ゆっくり登った結果、小田原のマックから3時間近くかかった。でも、おかげで右膝も痛まないし、左足も痛すぎるほどではない。

極寒の芦ノ湖で休憩して、三島方面へ一気に下る。せっかくの下りなのに、向かい風が凄くてあんまりスピードが出ない。残念。でも下界は暖かかった。

その後、沼津市に入り、コーヒーを飲みつつ携帯で宿を探す。沼津駅近くのカプセルホテルがとれた。

20100430_e.jpg
沼津駅前で記念撮影。

移動時間:7時間21分、走行距離:146.6km、平均速度:19.9km/h、最高速度:55.6km/h。

翌日へ続く。ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 春のロングライド2010

2010年04月29日

明日から出発!

最近ずっと忙しく&体調も崩し気味で、ゴールデンウイークはどうなることやらと思っていたけど、ようやく復調してきました。

ひとまず、連休初日の今日はTNi号の整備&買い物。ずっと欲しいと思ってて先延ばしにしていたサイクルコンピュータをTNi号にも装備した。これで、いつでも旅に出られる準備が整った・・・という訳で、明日からちょっくら旅に出ます。

行き先は、去年のシルバーウイークに挑戦して失敗した、関西方面。今年は箱根で頑張りすぎないようにしたいです。最近は少し自転車で頑張ると膝が痛くなる傾向が強まってきてるので、去年と同じ意気込みで臨んだら確実に失敗すると思う。なので、今年の目標は頑張りすぎないことに設定。

また、東京に戻ってきたらブログ更新します。

それまではTwitterで状況報告するので、興味がある方は是非追跡してください。

http://twitter.com/muteppoutai

知らない人からのフォローは大歓迎です!どんどん繋がっていきましょう!!
ヨロシク!!

ё
posted by ё ddie at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 春のロングライド2010

2010年04月15日

準備着々

TNi号のタイヤを、Panaracer Extreme EVO3(23c)から、Duro PT(25c)に変更した。

しかしDuroのビードは固いとは聞いていたけど、こんなに固いとは思わなかった。タイヤレバーを思い切りしならせて、なんとか着脱できるぐらい(運が悪ければ折れると思う)の固さ。

なんとかタイヤをホイールに装着して、記念撮影。

20100414_a.jpg

このあと、ずっと調子が悪いのに見て見ぬ振りをしていたリアディレイラーを完璧に調整して、チェーンの油を交換して、サドル位置を上げて、リクセンカウルの台座をシートポストに装着して、今日の作業は終了。

明日、時間があればDuro PTの走行テストをしてみたい。

ついでにSPD+Mavicのシューズのファーストインプレッションもちょっと書いておきます。

SPD-SLに比べてクリートが小さいので、嵌めるのが大変。ホールド力は、初期状態のSPDで、ヘタってきた頃のSPD-SLぐらい。左右の遊びも若干大きいので、力が逃がやすい。シューズもロード用に比べて、(歩くことを想定に入れているため当然だが)足首近くのホールド力が弱く、そのぶん力が分散しやすい。シューズの重さをほとんど感じないのは、Mavicのだからだろう。

意図的に足をキレイに上下させないといけないので、副作用的に正しいペダリングが身につきそうな気がする。

走るだけならSPD-SLの方が圧倒的にイイ。でも街中で下車することを考えるとSPD。用途によって使い分けるのがいいんだろうけど・・・。

ё
posted by ё ddie at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 春のロングライド2010

2010年04月13日

SPD交換で色々

先日購入したSPDを取り付けようとしたところ、レンチでペダルの金属をナメてしまった。仕方ないので今日、購入した店で工賃を払って取り付けてもらうことにした。

仕事が終わって、さっそく某店に行き、作業してもらう。片方はすんなりと外れた。・・・が、もう片方がビクともしない。というか、やはりナメてしまう。

「これは外れない」という結論が下り、ペダルを交換するならクランクセット一式交換しなければならないことに。ダサいSORAで約10,000円の出費だ。一旦は交換を決心したが、店に在庫がなかったためキャンセル。一応作業してもらったので、工賃を払い、店を出た。

そのあと新宿のワイズロードに向かい、クランクセットを交換したい旨を伝えるが、自転車を見もしないで「カスタムの方に行ってくれ」の一言。仕方なく道路を渡ってもう一店舗の方に向かう。

カスタムの店員は物凄い親切だった。閉店間際だったにも関わらず、「早く交換しちゃいたいですよね」と意を汲んでくれて、系列店の在庫を調べてくれる。すると追い払われた方の店舗に在庫があると分かり、店員さんは飛んでいってくれた。

しかし何だかんだあり、結局ペダルが外れた。さすがだ。

20100413_a.jpg

クランクセットは買わずに済み、ペダル交換の工賃1,600円を支払い、お礼をいって店を出た。普段だったら1,600円の工賃は高いと思うところだけど、今日の工賃1,600円はすごく安く感じた。

カスタムの店員さんありがとう。おかげで初のSPDが体験できたよ。SPD-SLに比べて、納まりが悪いんだけどね。

SPDとSPD-SLの比較インプレはまた今度の機会にでも。

ё
posted by ё ddie at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 春のロングライド2010
←クリックお願いします!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。